読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢女日記

今日も元気に夢見てる

春。はる。

 

春は自分を変えるのに一番いい季節だと心底から思う。
箪笥の中身をひっくり返して、いるもの、いらないもの、を分別していく。
シーズン中に着古したお気に入りだったTシャツ。
ふんわりとして、柔らかな肌触りのカーディガン。
どこに行くにも着て行っていたコートなり、季節のもの。
ありがとう、ありがとう、と思いながら丁寧にごみ袋に詰め込んでいく。

 

 

 

ついでに今年の春に着る分の服を取り出してみたけれど、すべて今よりずっと大きい。
試しに来てみたけれどウエストも肩もすべてぶかぶか。
彼氏のシャツ借りてみました!感があるけれど、今まで彼氏などいたことない。

 

 

 

痩せた。

 

 

1年でばかみたいに痩せた。

 

 

 

奥にしまい込んでたアルバムを取りだしてページをめくる。
今よりずっと不格好な自分が満面の笑みでピースサインを浮かべている。
今ではもう出せない、素敵な笑顔だった。
可愛さや美しさなら、おしゃれや美容に目覚めた今の方がいいけれど、
笑顔はこのころの方がずっと素晴らしい。
性格はどうだろう、今の方が明るくていいかもしれない。
けれども、昔の方が空気は読めていたのかもしれない。

 

 

 

痩せてから、見た目が変わってから世界が変わった。
季節が変わっていくように少しずつ変わっていった。
白いキャンパスに色が順番に彩られていくように、変わっていった。

 

 

そんな世界を与えてくれたのはまぎれもなく、金田さんだった。
私に素敵な魔法をかけてくれたのは金田さんだった。
ありがとう、金田さん。

 

 

 

好きだよ。好きだったよ。