読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢女日記

今日も元気に夢見てる

バナナジュース

そして夜になった。
家に帰ってもよかったのだけれどもなんとなく帰りたくなくて自宅近くの洋食屋に立ち寄ることに決めた。
幸いにもまだ混む時間帯ではなかったらしく、すぐに入ることができた。
京都で、ちょっとした有名店のお店。
私のお気に入りのお店。




店内にはおしゃれなジャズが鳴り響いていて、ああやっぱり。
私はなんとなく金田さんのことを思い出していた。
私の自慢のお店の一つではあるけれども、ここに金田さんを招き入れたことはない。
それほどまでに大事にしているお店なのだ。
この場所だけは金田さんに染められたくない。



f:id:Azhtyg:20170514222853j:plain




まもなくして料理が運ばれてきて、暖かな料理に舌鼓を打つ。
ここの洋食が本当においしい。
サラダが有名なお店なだけあって、サラダ・ソースが絶品で。その贅沢な付け合わせである牛ステーキも御飯にとてもあう。
ちょっと甘めで、且つ、香ばしい味がごはんに、本当にあう。
前菜であるコーンスープもきっと業務用の物を使っているに違いないのだが、ちゃんとこしてあるおかげで、不快な舌触りはない。



f:id:Azhtyg:20170514222924j:plain




人のつくったごはんを食べるのが随分と久しかった。
金田さんといるとどうしても自分が作るはめになる。
それは、金田さんが貧乏とか甲斐性なしとか、そんなことではなく。
彼女でも家族でもないやからにお金を出させてしまうことが申し訳ないからだ。
本音がどうなのかは全く知らないけれど、幸いにも金田さんは文句はいわない。
それどころか、おいしい、と言って食べてくれる。




自分自身でも、自分のごはんが壊滅的に悪いとは思わないけれど、それでも他人が作ってくれたごはんの方がおいしいと思う。




デザートにはバナナジュースを選んだ。コーヒーでもよかったのかもしれないけれど、ここのバナナジュースは絶品だ。
少しドロドロとしたのど越しがいい。あまり甘くなくて、これだけで1Lは飲めるし、飲みたいけれど、やはり高い。
いつか、また働き出して給料が満額でて、生活に余裕がでたらやってみよう。
そんな変な目標ができてふふふ、と笑ってしまった。



外はまだ明るいけれど、家に着くころにはもう暗くなってしまっているだろう。
明日はハローワークの認定日だから、学校はない。
今日少しだけさぼってしまった分を深夜に取り戻してもかまわないし、一層のこと眠ってしまってもよかった。
さあ、今日はまだまだ終わらない、帰ったら何から始めようか。



写真:京阪伏見桃山 サラダのお店サンチョ