読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢女日記

今日も元気に夢見てる

伸ばすけれど、届かない

それからずっと金田さんから連絡もなくて、私はといえば勉強ばかりしていて、一瞬昼夜逆転生活になった。
そうなってしまうとメンタル面があまりよくない。ああしていれば、こうしていれば。
たとえば、タラれば、たられば。そんなことばかり浮かんで消えていく。
過ぎ去ってしまったものは仕方がないのに。悔しくて仕方がない。




ツイッターの更新もしばらく控えめにすることにした。
ちょっと今はそういう気分じゃない。
といっても、金田さんが知っているアカウントだけだけど。




気分の悪い話や単語にはミュートを決めて、ややこしそうな人にはあらかじめブロックを仕掛けて。
自分にとって都合のいい言葉だけを私は取り入れて、自分を育てる。




電子の海に流れそびれた言葉たちは、代わりに紙面の海を泳ぎ始める。
今日はあれが、明日はこれをしようと、そんな私を前向きにする言葉をどんどんつらつらと書き始める。




金田さんとの関係はもう終わってしまったのだ。
あの発言を後悔しているわけではないけれど、私を中途半端な扱いばかりをする。
たまには私が反撃してもいいじゃないか。



反撃というわけではなかったのだけれど。
気まぐれに先日まとめた金田さんの私物はどうしようか。
捨ててしまえばいいだろう。きっと。
けれども、譜面やステージ衣装はどうなんだろう。
お金のあるバンドだったら、買い替えがきっとあるし、そもそもそういう問題でないけれど。
これまでの思い出と私をここに捨てていくのか。




荷物はどうしましょうか、ラインで文字をつぶやいて送信はできなかった。
送ってしまえばいい。きっと金田さんと一緒にいても、この関係を続けていてもきっと、幸せになんかなれない。
私も金田さんも少しずつ病気で、まともじゃない精神を持ち合わせている。
好き。少なくとも私は。けれども、金田さんは?どうして私のそばにいるのだろう。
全くというほど私に手を出さずに。




手を出してほしいわけではないけれど、このたとえるならば、貴族と小汚い奴隷のような。
神様と罪人のような、人間と鳥獣家畜のような、その絶対的な壁は何だろう。




文字はそのままにして、ラインのアプリを落とした。変わりにしばらくつぶやいていなかったアカウントで一言。
ちょっとリアルが疲れたから、お休みします~!ばいばーい!
かわいらしい絵文字付きで。どうせ誰も見ていないけれど。




私は、どこにも所属する場所なんかないのではないか。
言葉はいつまでも紙面のなかで踊り狂う。



f:id:Azhtyg:20170523234017j:plain

ケーキをひとくち。

今週のお題「おやつ」





昨日はあんなに勉強したのだから、ちょっとしたご褒美があってもいいよね
と言っている自分はすこぶる自分に甘い。とても甘い。
目の前のケーキみたいに甘い。





f:id:Azhtyg:20170519230501j:plain




奮発して3つも買った。もう今日の昼ご飯と晩御飯とおやつだ、と思ったけれど、昨日の寝不足がたたってすべて食べてしまいそうな勢いである。
自宅から少し離れた、確かちょっと話題になったお店にふらっと立ち寄って購入した。
どうやって行ったか忘れてしまったし、なによりケーキの箱も何もかもつぶしてしまったので、もう偶然がなければもう二度と行かない。
いけない。お金が足りなくて一つ減らしたって事実もあるからもういけない。




ひとくち、どうせなら、こちらもひとくち。じゃあ、これもひとくち。
自分しか食べないから、と同時に全部フォークで刻んで口に放り込む。
少しずつ風味の違う甘さが口の中に広がってとても幸せ。




ケーキて本当に素敵。みんなを幸せにできるから本当に憧れ。
物語でも語られるど物語でも、幸せの象徴で、私だってそんな人間になりたかった。
ひとくち、ひとくちと食べ進めているうちについに最後になってしまう。
きれいなうちに、楽しませるうちに、思い出になってそれでも幸せにってそんな生き様が素敵。
だから、私はケーキが好き。




最初こそ、粉や牛乳や卵。
単体では美しくも可愛くもないのに、熱を加えたり混ぜたりして、どんどん綺麗に、可愛くなっていくざまも好き。
他人に手をかけてもらえることがうらやましい。





相変わらず連絡はこない。ふう、とため息をつく。
離れてしまってもうじき一週間。
ここまで離れたことは、知り合って初めてに近いし、それに連絡が途切れてしまったことも本音を言えば悲しい。
弁明をしようか、でも、私は金田さんにとって別になんの存在でもないのだから何を弁明するというのだ。




ポットのお湯が出来上がったらしい。
軽やかな音楽を鳴らしながら部屋を満たしていく。
安い紅茶をそそいでひとくち。





あっち




口の中をやけどしてしまった。
はあ、なんかついてないな、そう思いながら転がしたままの勉強道具をじっと見つめていた。
仕方がない、やるしかないのだ。



写真:京都のどっか。

途切れた糸

結局連絡を一度入れてみたけれど、連絡がないどころか、既読にすらならない。
もうこれで関係もおわりか、と思うと自然と涙も出てくるものでして
ちょっとすすり泣くけれど、これこそ本当のただしい関係なのかもしれない。




ぼんやりとした気持ちで資格勉強を行うけれど散々な点数だった。
というより、自分が前に作成した解説がところどころ間違っていて解説になっていないことにも悲しくなった。
気分転換にどこかへ行こうかと思ったけれど、最近気分転換ばかりでそろそろまじめに勉強しないと本格的に危ない。
別い落ちたからといって死ぬわけではないけれど。





該当ツイートを消そうかと思ったけれど、白々しいので残しておくことにした。
何かバカなことをつぶやこうかと思ったけれど、やめた。
ただ一言だけ、おやすみ。とつぶやいてベットの方に携帯を投げた。





もうこの際なので、このショックを勉強にぶつけてみようと思う。
昇華だったかな。心理学的用語としても理科の用語としても使われるのが面白い言葉だと思う。
今日は眠たくなるまで勉強だ。
パソコンもつけているのでブルーライト効果で絶対に眠たくならない自信がある。





部屋のBGMに何か、と思ってゆーちゅーぶを開くけれど、ジャズやら金田さん好みの曲が目の前に広がっていて頭がくらくらした。
しょうがないので、ニコニコ動画を開いてやけにうるさいゲーム実況ページに飛ぶ。
ぎゃあああああぎゃああああとやかましい声が響いて眠気覚ましと一人じゃないという安心感がほっとする。
誰かの声が聞こえるって本当に素敵。
たとえそれが叫び声であったとしても。





そういえば。金田さんが来てからはゲーム実況なんかまったく聞いてないし、見ていない。
それほどまでにこの家に居座って、私と時間を共有していたのだ。
だから、寂しくないといえば全く嘘になるけれど、いや、本当はすごく寂しい。
どういう理由があって、もしかしたら企みかもしれないけれど、私を選んでいるのかはわからない。
本命の彼女さんがきっといらっしゃるはずなのに。
仮に、体だけの関係だとしても、私と金田さんは体どころか、唇でさえ合わせていないし、手もつないでいない。
金田さんが、手をつないだら妊娠する!と思っているからそんな関係にならないのかもしれないけれど。





馬鹿にしすぎた。






夜になるとメンタルは不安定な方向に傾くという。
けれども今日はそんな日でよかった。
とことん落ち込んでやろうじゃないか。
f:id:Azhtyg:20170519221834j:plain

ひかりのほうへ、こんにちは

一体どうなっているんだ、とききたくなるほどイライラしている。

 

 

 

金田さんの件もそうだし、なんだか風邪を引いたみたいで、鼻がかゆい。おまけに集中力がないせいで勉強が進まない。

 

 

 

イライラする。

 

 

 

書いた文字を採点する。

おしい、こちら側の解答はあっているのに、片方がずれている。

 

 

 

もーやだ。最近にこんなことが多すぎる。

人生嫌になる。あ、嘘、前と比べたら少しマシです。ごめんなさい、神様。

見捨てないで、見捨てないで!

 

 

約1日ぶりにツイッターに復帰する。

あいかわらずフォロワーさんはバカしていて、その元気さが羨ましくなる。リプライやふぁぼ通知の確認をして、返信。それを全てのアカウントで繰り返す。

 

 

 

「ん?」

 

 

 

最近のツイッターの改悪改変に不在時のダイジェスト通知がある。最初こそ、ランダムで選ばれた方の呟きが表示されていたが、最近はなぜだか、選ばれしフォローの方だけの呟きがいくつか表示されているのだ。なぜ、そんな微妙なことをしたのだ。

 

 

 

そもそも、リストがあるからそれは不要だ。

 

 

 

 

それで、だ。金田さんが選ばれたらしく、不在時に呟いたツイートが表示されているわけであるが、ものすごく呟いている。異常なほど呟いている。ちょっとまてよ、と言いたくなるぐらい呟いており、フォロワーさんも、なんでこんなに呟いているの?とツイート&リプしてしまうほど呟いている。おまけに内容が薄暗い。どうした、どうしたんだ、と言いたくなる。

 

 

 

巣立ち。

余計なことだったか。

いろいろしんどい。

何気にショックを受けている自分にショック

逆に腹たってきた。

つながらん。

 

 

 

繋がらん?電話?だとしたら私が原因?何だ、何があったんだ。かんがえてみるけれど、いまいち思い浮かばない。

 

 

 

ふう、とため息をついたところでぴこん、とリプライ通知がきた。

 

 

  ひええ!!って驚いたけど、そういうことなんかーい!

 

 

は?なんや、なんのことや?

 

 

大して仲良くもない人からのリプライにちょっとイライラしながら元をたどる。そこには、コーヒーカップを2人で包み込む画像と、私の馬鹿丸出しテンションのツイートが。

 

 

「あ」

 

 

 

つまり、もしかすれば、そういうことなのかもしれない。

 

 

f:id:Azhtyg:20170518160817j:image

 

 

 

くらやみからぽこぱんぽこぱん

f:id:Azhtyg:20170518124922j:plain


まってくれ。とにかく待ってくれ。おちついてくれ。
と本人に言いたいのだが、生憎様私は先ほど起きたばかりであり、そもそも昨日は携帯の充電を忘れてしまった。
パソコンの方はつけっぱなしで寝た。
ライン通知はご丁寧に、メッセージが来るとアプリが起動する設定にしておいた。
だから、読んだらすぐに既読が付く。




先ほど私は起きたばかりであり、携帯は電池切れ。パソコンには既読のメッセージ。
おそるおそる携帯を充電器にさして、電源をつけると案の定山のように電話が来ていた。




「ふええ」




こんな泣き声、漫画やネットの世界だけで発せられるものだと思っていたのに、つい口から出たのはその言葉だった。
金田さんからの着信がめっちゃ来てる。深夜の時間帯から割と先ほどまでめっちゃ来てる。
ラインメッセージも遡れないほどメッセージ来てる。
あれ、なに?既読無視?なに?見て笑ってるの?等の言葉が山のように来ている。
よくよく見ていればだいたい言葉はかぶっていない。
語彙力すごいな…と感心していたが、そういうことではない。
私は、一体彼に何をしたというのだろうか。



 
 おはようございます。金田さん。
 昨日から今朝にかけて、メッセージがたくさんありますが、




何か御用ですか、と打つ前にすぐに既読になる。ひえ、リアルでこんな声が出てしまった。
そしてメッセージがとてつもなく早い。
鬼のように早い。?読む間に次のメッセ―ジが来て読めない。




「ひえっ」




連絡はつながったものの、やはり既読が付くだけで私からの返答がないことにしびれを切らしたのか、ラインの無料電話が作動する。
ぽこぴんぽこぴん♪とかろやかな音楽が響いて、ほぼ反射的にアプリを作動させた。




「……今まで寝てたの?」
「へ、へい」
「誰と?」
「え、一人で」
「証拠は?」
「え」
「証拠」




なんだなんだいきなり。どうしたというのだ。金田さんの声は静かに怒っているような感じだし、いきなり証拠と言われても困る。
あたふたとしていると電話が切られ、またしても電話がかかる。今度は携帯の方に。無料電話通信の方だった。



「ひ、は、い」
「……携帯画面を外に向けて歩き回って」
「は、はい」



起きたばかりだから髪の毛も顔もぐちゃぐちゃだし、パジャマはよれよれだし。
一方で金田さんは何やら着込んでいたけれど、顔めちゃくちゃ怖いし。
なんだよ。どうしたんだ。わけがわからない。
言われるままに歩き回る。当然、一人暮らしのわけだから誰かがいるわけでない。
むしろ、金田さんの私物を片づけたのだから部屋は少しきれいだ。




「うん。一人みたいだね」
「最初から言ってるやないですか」
「……そっか、うん」
「え、いきなりどうしたんですか」
「あ、そうそう。よだれのあとついてるよ」




ぶっつんと電話が切られた。最後の最後に余計な一言を言いやがって。
一体何が、私の行動の何が彼を怒らせたのだというのだ。
胸に黒い靄を抱えながら、ひとまず顔を洗いに洗面所へ向かうのだった。

彼ぴとデートなう笑

SNSで最近はやりのあれだ。
デート風のピン写真を撮ってツイート。彼氏と○○なう ってつかっていいよ!
これ。まさにこれ。金田さんは絶対にやらないタイプだと思うけど、というかやられたら私が死ぬ。
いろんな意味で死ぬ。とりあえず、待ち受けにして別アカウントでぎゃあぎゃあ騒いだあと最終的にフォトショップで切り取ったり張ったりして、本当のデート写真に加工っとこんな時間に誰かが来たようだ。



じゃなくて、いざ、自分好みの男性の写真が回ってくるとちょっとやってみたくなるというのが個人的な感想でして。
幸いなことに、このアカウントは顔出しはしていない上に、今後もさらす予定がない。
ただし、金田さんはこのアカウントを知っているし、このアカウントしか知らないけれど。
でも金田さんフォローしている人も多ければ、なんとなくSNSとか好きじゃなさそう。
まあ別に私がやったところで別にバカやってるなあぐらいしか思われないし、そもそもわからないはずだ。



写真保存して、すぐに投稿。



f:id:Azhtyg:20170515231233j:plain
いえええええええい↑↑↑彼ぴとすたばにゃう~~~




普段よりテンションましましで、別に彼氏でもないつい流れてきた誰かも知らない人の写真でツイート
すぐさまに来るコメントに、嘘乙wwwwwと来たので、ムカつく顔文字と共に、嘘じゃないぷ~~~!
と返信をする。暇かよ。
あと、私バカかよ。




でもたまに本当に勘違いしたツイートが来ていたので、とりあえず元ネタの投稿もRTしておく。
ちなみに、もう十年以上の付き合いのある友人からは、おめでとう!と嵐のようなラインが来たあとに、あ、ごめん。と一言だけ最後にきた。
謝るのは私だ。ごめん。




けどもまあ、彼氏が欲しくないか、と言われたらやっぱりほしい。
自分を受け入れてくれる人が欲しい。
いいこだね、素敵だね、かわいいよ、と認めてほしい。
もう家族だけなら満たされないよ。




けれども、その時が来たのなら私と金田さんはどうなるのかな。
離れてしまうのかな。それとも奪ってくれるのかな。
考えは尽きないけれど、今はまだこの関係でいいと思えるようにはなっていた。

今でもきっと愛は与えられている

みくすぃーを見ている。
随分昔にやっていたけれど、今ではパスワードもIDも忘れてしまった。
どういう日記を書いていたか、どんな人と付き合っていたのか、忘れてしまった。
まあ、思い出なんかそんなものだろう。




もっとも、もう今付き合いたいとか全く思わないし。
もう過去なんか改ざんしたいぐらい過去に興味がないし。




でもまあ、グループとか所属していたら楽しかっただろうな、とは素直に思う。
今だって、てゅいったーでばか騒ぎするの、本当に楽しいから、あの時もきっと楽しかったんだろうな。
なんとなく、ああいったツールはリアルが充実している人が使うんだろうなと思って参加できなかった。




そしたら偶然に金田さんの写真が出てきて、みくすぃーでグループが、しかもそれなりの人数が参加しているほどの大きなグループで名前がつらつらと書かれていた。ツアーしてます。シングルでます。頑張れば本人のアカウントもたどりつけるのでは?と思ったけれど私もそこまで暇ではない。




ただ、関連するグループに金田さんの幸せについて考えると、それだけの題名のグループがあって笑った。
割と声をあげて笑った。
公式から最近盛り上がってないから語ろうよ!とか通知が入っていて余計に笑った。
ちょっと笑いすぎておなかと頭がいたい。




忘れられたわけではないと思う。ただ、ツールが時代遅れになっただけだ。
きっと今でもファンは金田さんの幸せを願っているだろうし、それを考えれば、私なんかはまだまだひよっこだ。
金田さんがどういう生活をしているのか、過去があるのか、好きなものは、嫌いなものは、色々知っていて色々知らないけれどそれでも私は、自分の幸せよりも金田さんの幸福を願ってしまう。



ねえねえ、金田さん。
今、幸せですか?
私といて、ちょっとでも幸せを感じてくれていますか?




f:id:Azhtyg:20170515225033j:plain


さあ、今日も今からお勉強だ。

写真:ぱくたそ